このページを編集する

パープルゴールド、ピンクダイヤモンド、希少石など世界でここだけしか見つからないオリジナルジュエリー専門店|TDファクトリー 上野御徒町

ブログ

習字のススメ
2017年12月05日
こんにちは!ショールームスタッフの坂本です。
みなさん、何かコンプレックスを持っていますか?
私は自分の字に大変コンプレックスを持っています。
言い訳になるかもしれないが、近年、パソコンやスマホが普及することによって手書きの書類を作る機会が大分少なくったことによってさらに字をきれいに書けなくなりました。可能な限り、ワードやエクセルを使って手書きは避けてきましたが
宅配便の送り状、電話メモなど、手書きの機会がまだまだ多いものです。
何か手書きの書類を書くたびにイヤだなあと思いながら書いています。
美しい字を書く人を見るとうらやましくてしょうがないです。
ジュエリー販売の仕事をするようになってから、お客様にお手紙、メッセージを手書きで書く機会が増えてきたので、このままではいけないと思い、時々本屋でペン字練習帳を購入して練習もしてみましたが、なかなか上達しないのですが、あきらめずにチャレンジしたいと思っています。
私が生まれ育った中国では書道や習字を大変重んじる国ですので、百度(中国の検索エンジン)で調べてみたところ、姿勢とペンの持ち方がとても大切だそうです。
・姿勢・
  肩を落とし、ビシっと背筋を伸ばしてクッと下腹に力を入れる。(ポッコリお腹にも効果的です。)
  習字は美容、ダイエットにも良さそうですね。
・ペンの持ち方・
ペンを親指、人差し指でつまむように持ちます。持つのはペン先から3センチほどの場所です。

しかし、姿勢と持ち方だけでなく、下記のようなコツがあることがわかりました。
・筆圧は強すぎてはいけない。
 私は字を書くと、力を入れすぎて、大変疲れを感じています。あまり力を入れすぎないように気をつけたいです。
・指先よりも肘から先を動かして書くイメージ。

最後に、パソコンやスマホが普及している時代だからこそ、手書きの良さに目を向けてみる必要があるはずです。
また、習字が上達したくてうまく行かない場合は、ぜひ、お好きなブランドのペンを一つ持つと、きっと習字の楽しさが倍増すると思います。形から入るのも悪くないと思います。

タグ: 習字  姿勢