このページを編集する

パープルゴールド、ピンクダイヤモンド、希少石など世界でここだけしか見つからないオリジナルジュエリー専門店|TDファクトリー 上野御徒町

ブログ

ターコイズってどんな宝石?
2018年01月30日
こんにちは!ショールームの萩原です。
皆さん、12月の代表的な誕生石といえば、ターコイズやラピスラズリー、そしてタンザナイトですよね。

先月、娘の誕生日にピアスをプレゼントしました!
12月の誕生石、ターコイズのピアスです(^O^)。

pierce.jpg

今回は12月の誕生石で人気な石、ターコイズのお話をさせていただきます!

晴れ渡った青空、またコマドリの卵の色に例えられる、美しいスカイブルーが特徴の宝石「ターコイズ」は和名を「トルコ石」といいます。
私の大好きな石の一つでありますターコイズは、最も古くから使われてきた宝石のひとつで、なんと紀元前5000年に作られたターコイズのビーズが見つかっているんです!
歴史深い宝石なんですねー(^^♪

ターコイズの和名は先にご紹介したとおり「トルコ石」ですが、実際にはトルコでは採れません!!!!(*_*)
では、なぜトルコ石というのでしょうか。
実は、ペルシャ(現在のイラン)などで産出したターコイズを世界へ流通させていたのがトルコの宝石商人だったから……なのです。それが本当なら「ペルシャ石」だったかもしれませんね(笑)。

ターコイズは、古代ペルシャやネイティブアメリカンの人々にとって、神聖な宝石とされてきました。「成功・繁栄・健康・自由」といった宝石言葉を持つ宝石、まさしくポジティブなエネルギーの塊です。
身に付けると、最高の未来に向けて進む勇気と行動力をもたらしてくれるといわれていて、明るく健やかな毎日を過ごせるようにバックアップしてくれるとされる人気なパワーストーンです。

その鮮やかな色彩は世界中の国々で好まれ、「ターコイズブルー」という色の名前もあるほど☆
また、石の模様で蜘蛛の巣のような黒褐色の筋が入っているものもあり、「マトリクス」と呼ばれています。

古代ペルシャでは、贅沢品から日用品まであらゆるものをこの宝石で装飾していて歴史あるジュエリーなんです。
ターコイズは加工しやすいので、インテリアや彫刻品など、幅広く使われる素材でもあります。
もちろん現在でも、ブレスレットやピアス、リングやブローチ、シルバーアクセサリーなどの宝石としても、とても人気が高いです!

interior.jpg

Turquoise-1.jpg

turquoise-2.jpg
ターコイズは丸い山型のカボションカットで用いられることが多く、明るい色彩ですが輝きは落ち着いていますので、しっとりしたイメージでも使うことができます。
鮮やかな空色のターコイズは、さまざまなコーディネートに合います。
反対色の装いの中でペンダントやピアスとして使うと、柔らかなアクセントになりますし、カラーも日本に合う鮮やかな空色!老若男女問わずに使える色ですから、ギフトとしてもお薦めです♡。

季節関係なく楽しめるターコイズジュエリー、この冬に御徒町で探してみては如何ですか?

タグ: 12月誕生石  ターコイズ  ラピスラズリ  タンザナイト  パワーストーン  トルコ石  御徒町  宝石言葉