このページを編集する

パープルゴールド、ピンクダイヤモンド、希少石など世界でここだけしか見つからないオリジナルジュエリー専門店|TDファクトリー 上野御徒町

ブログ

ジュエリードクター Vol. 18
2018年01月09日
こんにちは、マネージャーの熊野です。
今日はガーネットのお話です。
宝石としては、ガーネット、1月の誕生石として有名です。石言葉は、真実・友愛・忠実・勝利などといわれています。
garnet.jpg
その主成分は、カルシウム・マグネシウム・鉄・マンガンなど、次いで鉄・アルミニウム・クロム・チタンなど、そしてケイ素・アルミニウム・鉄などから構成されています。硬度は 6.5 - 7.5、比重は 3.1 - 4.3。結晶系は等軸晶系で、結晶は菱形十二面体または偏方多面体となります。その整った形状から、誕生石の一番目に選ばれたといわれています。また、ガラス状の光沢があり、透明度はさまざま、色は無色・黄・褐・赤・緑・黒などがあるのも特徴ですね。
特に透明度の高い赤色、橙色、黄色、緑色のものが宝石として装飾用に使用されています。丸く磨き上げられたものはカボッションカットと呼ばれスター効果のあるガーネットも存在します。また、余談ですが、硬度の高さから「金剛砂」という粉末状の研磨剤として利用されること事も有名です。粒子の細かい柘榴石は、比較的安価にかつ大量に採掘できることから、紙やすりなどに利用されているのです。
さて、宝石の話に戻ります。パイロープガーネットの成分とスペサルティンガーネットの成分の中間に位置するものにカラーチェンジガーネットというのも存在します。アレキサンドライトに非常に似た変色効果を発揮する大変興味深いルースとして知られています。その産地としては、スリランカ・アフリカ・マダガスカルなどが代表的ですが、スリランカ産のものは既に鉱山が閉鎖されているため、現在は産出されておりません。また、マダガスカルからは良質なカラーチェンジガーネットが産出することが多いようですが、スリランカ産の方が珍しいため、コレクターの間では高い値で取引されています。ガーネットには、色と共に種類も豊富で、これ以外にもデマントイドガーネット(ホーステール・インクルージョンと呼ばれる微細な馬の尻尾のような内包物が入った石も貴重です)、ロードライトガーネット(アルマンディンとパイロープを主な組成としたガーネットであり、紫がかった赤色)なども有名です。これらのガーネットも御徒町で御覧頂けます。

タグ: ジュエリー  誕生石プレゼント  リフォーム  ガーネット